木の家・自然素材の家イバケン

茨城県ひたちなか市、つくば市を中心に注文住宅を作り続ける「木造住宅のイバケン」
 ホーム新築する。イバケンの家づくりの仕様 > 調湿

無垢の木や土、紙など自然素材には素材自体が調湿性能を持っているんです。

日本には四季があり、夏はムシムシで、冬はカラカラです。人は夏サラッと、冬は潤いたいものです。それが体に心地よいことを知っています。無垢の木や土、紙には素材自体が調湿性能を持っています。夏の過剰な湿気を吸い取ってくれます。冬は逆に持っている湿気を活かして潤してくれます。湿気を好むダニやカビの発生を抑制し、感想を好む風邪ウイルスを抑止してくれます。人の身体にやさしいのです。

過剰な湿気や結露は家自体にもよくありません。吸湿・放湿性に優れた新聞紙断熱材(セルロースファイバー)は過剰な湿気や結露を抑制します。外壁と屋根の内側には防水遮熱のシートを施工しますが、「透湿性能」のある素材のため、湿気や結露をとどまらせません。さらに躯体と外壁・屋根の間に通気層を設ける工法をすることで、構造の木材を腐食させる原因を取り除きます。

だから家の躯体(体)にもやさしいのです。ですから、この調湿をしっかり家全体で考えれば、家も住む人もずっと健康でいられるんです。

自然素材ならではの快適な住み心地も組み合せで変化します。
自然素材の「木」は、伐採され、柱や梁となった後も呼吸を続けるため、水分を吸ったり、吐いたりして自動的に湿度を調整してくれます。住み心地のよさはそこにあるのです。しかし、それは素材の組み合せによって様々に変化します。例えば、吸放湿性のある木材と吸放湿性のない断熱材を合わせて使ってしまうと、自然素材の性質を殺す恐れがあります。

 
間取り
居住環境(部屋の中)の成分表示(VOC:揮発性有機化合物)の測定を行います。
間取り
調湿
湿度が高い時には吸湿し、低い時に、放湿する機能のことを言います。
調湿
断熱
冬暖かく、夏涼しい。とは
断熱
     
耐震
イバケンでは木造軸組み工法を基本としています。
耐震
室内空気測定
居住環境(部屋の中)の成分表示(VOC:揮発性有機化合物)の測定を行います。
室内空気測定
電磁波対策オールアース施工
電磁波が人に与える影響は現在、決して無視できない重要な要素の一つです。
電磁波対策オールアース施工
     
針葉樹・広葉樹
自然素材ならではの快適な住み心地も組み合せで変化します。
針葉樹・広葉樹
手作り家具
自然素材ならではの快適な住み心地も組み合せで変化します。
手作り家具
 
     
【新築する】
お問い合わせ・資料請求はこちら
 
PICK UP