原板探し

こんにちは、本日はひたちなか市

市毛にある(株)イバケンの木材倉庫に原板を探しに行ってきました。

大量にある原板、写真に写っているのは

ほんの一部です。

今では、貴重な幅の広い原板も多数あります。

今後も数ある原板をブログを通してご案内していきますので

興味のある方は、ぜひ、お問い合わせまたは、ご来場をお待ちしています。

 

お問い合わせは こちら↓↓

〒312-0012
茨城県ひたちなか市馬渡3861-3
TEL:029-350-7700
FAX:029-350-7533
メール:office1@ibaken.co.jp

 

一枚板

こんにちは、

本日は天候もよく気温も上がりいい陽気になりました。

こんな日は、どこかにお出かけでもしたくなりますが

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が5月31日まで延長されること

が決定され、外出はもうしばらく我慢しなくてはなりません。

皆様におかれましては、引き続きお住いの地域の情報を確認し、

落ち着いて行動をしてくださいますようお願いいたします。

 

そんな中ではありますが皆様に木材の魅力を伝えたく

とちの木では本日も原板のご提案をいたします。

樹種: 銀杏(イチョウ)

サイズ:H1900×W530~670×D57

銀杏と聞くと思い浮かべるイメージは

秋の黄葉やギンナンだと思います。

材は杉材よりは硬いですが、柔らかめの材になります。

家具として天板などに使用しても

木肌が細やかで仕上がりがきれいです。

 

詳しくはこちら

〒312-0012
茨城県ひたちなか市馬渡3861-3
TEL:029-350-7700
FAX:029-350-7533
営業時間:9時00分から19時00分
定休日:水曜日
MAIL:office1@ibaken.co.jp

 

 

 

 

 

天板のご紹介

こんにちは、

コロナウイルスの感染防止のため

ゴールデンウイークではありますが今年は

外出を自粛している方が多いと思います。

そんなこともあり、とちの木ブログでは店内に展示してある原板を

ブログでご紹介していきたいと思います。

本日は第一弾として、楢(ナラ)の天板を紹介です。

幅 910㎜  高さ2000㎜  厚み 40㎜

大きな一枚板のように見えますが、よく見ると真ん中で矧ぎあわせ

てあります。(2枚の板をくっつける)

同じ丸太使っているため、一枚板のように見えます。

これだけ大きいと、テーブルにしても6人は十分座れる大きさですね。

両端をスパッとカットしてあるので、

シンプルにどんな室内にも合うと思います。

ポイントの一つに節があった所にペンタゴン型の

栗の木が埋めてあります。

そのほかにも自然が生み出す無数の木目や色味など

見どころは多くあり

使うほどに味わいが増すことも楽しみのひとつです。

実際に現物を見てみたいお客様は、予約制にはなりますが、

ご覧いただく事も可能ですので、お気軽にご連絡ください。