丸太製材

こんにちは、今回は

はなのわ幼稚園で使用する丸太の製材についてのお話。

製材(せいざい)とは、丸太を板や角材に加工することです。

製材所にて作業を行いました。

製材をする前に、まず、木材の割れ、ねじれを防ぐために人工的に一次乾燥を行います。

↑こちらは乾燥をするための乾燥炉です

一次乾燥を終えた木材がこちら

乾燥を終えた木材を製材する機械に乗せす。

製材する向きや幅をここで見極めます。製材する方向で、材料になってからの表情に違いが出てくるので一番、神経を使うところでもあります。

丸太の表面にはきれいな木目が現れました。

 

 

製材を繰り返し用途に応じたサイズに製材していきます。

この後二次乾燥を行います。