イバケンにっき


voice-frog1.gif

●ひたちなか市/M様邸
201103_01.jpg一生アパート暮らしでもいいと思っていた私達が、お散歩がてらに見に行った近所の見学会。そこで私たちに火がつきました。
“自分たちで建てた家に住みたいなぁ”そこから私達の住まい造りがスタートしたのです。
家なんて・・・と思っていた私達ですから、知識なんて一つもなく、ただ漠然と「木を使った温かい感じの家がいいなぁ」と妄想しているだけ。
大手ハウスメーカーさんに、「もう少し勉強してきて下さい!」なんて言われる始末・・・。

そんな中、近くでイバケンさんの完成見学会が。
怖いもの知らずの私達は、また勉強不足のまま出かけて行きました。
そこでは、私達のイメージに合った木の家と、とても感じのいい担当者さんが、温かく迎え入れてくれました。
色々と話を聞き、見学会にも何度か足を運び、私達の妄想を実現の物にしてくれるのはイバケンさんだ!と
確信して、お願いすることにしました。
一期一会とは言いますが、縁って不思議なものですね。


voice-frog_desing-point.gif中央リビングに続くダイニングの小上がり和室が、東側にあります。化粧梁が3尺毎に通り、一体的な空間となる木造平屋建てです。
外観はご夫婦が希望する、シンプルツインルーフタイプの、モダン住宅です。大きなデッキテラスと共に、モダンで爽やかなコンパクトな住まいに仕上がりました。
内観ですが、玄関を入ると南西側に二つのプライベートルーム、そしてリビングに続く離れ的な和室。
キッチン北側には一体感を意識し、サニタリーゾーンを配置しました。気のよさを生かしたリビング-ダイニング-客間の流れには、一体感を持たせると共に、各部屋へのメリハリにも留意をした、コンパクトな設計としました。
イバケンらしい気遣いや上質な建具と相まって、ナチュラルな飽きの来ないインテリアデザインとなっています。

201103_02.jpg


voice-frog2.gif

過ごし易いリビングダイニング
二人暮らしの私たちは、家にいる大半をリビングダイニングで過ごすことになる、と言う訳で、
いかに快適に過ごせるかを考えました。
リビングは化粧梁とヒノキの太柱、なるべく自然なままで表面を残してもらったキハダの太柱、赤松の建具など、
全面に木があり、とても落ち着きます。壁は漆喰で塗り方は引きずり。
とても味があり、また、色がオレンジっぽいので日中も電気をつけた夜でも、あたたかみを感じます。
ダイニングはゴロゴロできるし、小上がりに腰掛けてテレビも見れる。
憧れだったカウンターも自然なままで表面を残し、かなり味のある仕上がりに。
食事だけでなく、写真や小物を飾って素敵な空間に。
とちの木さんで一目惚れしたテレビ台とイチョウのテーブルを置いたら、もう完璧!
狙い通りのあたたかみのある快適な部屋に仕上がりました。
おまけ・・・あまりにも快適すぎて、家に居る時間が増えました。外食が減って、家計も大助かり?!

201103_03.jpg 
201103_04.jpg
▲クリックすると拡大します。
201103_05.jpg
201103_06.jpg
▲クリックすると拡大します。
こだわりのトイレ
ネットで見つけたというメダカの泳いでいる、可愛らしい洗面ボウルの合うトイレにしたいとの、奥さまの意向によりデザインされたトイレ。壁の漆喰は上下で色分けし、下を水色にして、洗面ボウルのメダカちゃんが泳いでいるかのようなイメージに仕上げました。とちの木でオーダーしたタオルかけも、演出に一役。思わず長居してしまうというほどのお気に入りです。


201103_07.jpgおもてなしの玄関
家に帰ってきたとき、一番最初に入る場所、そしてお客様が一番最初に入る場所ということで、玄関もとてもよくコーディネイトされた空間になってます。
壁はリビングダイニングと同じ漆喰とし、下駄箱の天板は面皮を残した桂の一枚板を使用しました。
全身のコーディネイトもできる大きな姿見鏡もあり、コンパクトながらも機能的で便利な玄関に仕上がりました。
正面のニッチも日替わりグッズを置き換え、遊び心満載。サッカーボール型の玄関ライトもお気に入りとの事です。

201103_08.jpgカラーコーディネイト
青が好きだというM様ご夫妻のご希望通りの配色に。
家の中が暗くならないように配慮しつつ取り入れました。
和室のふすま、システムキッチン、ダイニングの収納扉に青を使い、引き締まった統一感がでてます。
水周りは青が無く、グリーンでコーディネイト。トイレの壁、洗面台、バスルームに使用し、爽やかな雰囲気を醸し出してます。

201103_09.jpg
201103_10.jpg
▲クリックすると拡大します。
全体的な使いやすさ
二人暮らしのため、家はコンパクト。
それを十分生かすために収納以外の建具は引き戸にしました。段差も無く、将来的にも安心できます。
また、掃除がスムーズに行えるように各部屋に合った収納スペースを用意し、広々空間となっております。




voice-frog3.gif

voice-frog4.gif

voice-frog5.gif今回の訪問は、海の近くのおうちケロ!
コンパクトながらも、遊び心をふんだんに盛り込み、普段の生活も快適に送れるようにたくさんの工夫がなされているケロ。
ボクの一番ポイントは、玄関ですケロ!
おもてなしの心、気遣いの配慮された玄関は、明るく、お客様を迎え入れてくれます。
正面のニッチや、漆喰の壁、桂のカウンターの組み合わせがとても映えてますケロ。
終始あたたかくお迎え頂き、ご夫婦の住宅に対する愛情がたくさん伝ってきて、ボクも幸せな気持ちになったケロ。
住宅を建てる楽しみを教えて頂いたような、とってもステキなお宅でしたケロ。
またメダカさんとランデヴーしに遊びに行くケロ!