ちょっとココ持ってて!

今朝の店内・・・

 屋起し1.JPG

 

あっという間に建て方完了。

昭和通沿いのこちらは、ショールームになる予定です。

今からどんな景色になるか、楽しみ楽しみ・・・。

 

  屋起し2.JPG

  屋起し3.JPG

ところで、柱の間にところどころに見える斜めの部品、

『仮筋交(かり・すじかい)』といいます。

何せ木材ですから、真っ直ぐに組んだつもりでも、

何となくゆがんでいます。

このまま、真っ直ぐなつもりで『筋交』をぶつと、

まがった建物になってしまいます。

 

いくつか呼び方があるようですが、

このあたりの大工さんは『屋起し(や・おこし)』といいます。

あっちを引っ張ったり、こっちを押したりして、

土台・柱・貫と垂直・直角を出しながら

仮に固定をしていきます。

このあと筋交を本施工すればお役御免、取り外されます。

本筋交が入るまでの短い間ですが、

一度真っ直ぐにした骨組みがゆがまない様、

じっと黙って支えてくれます。

 

生活の中で時々聞こえてくる、

    「ちょっとココ持ってて!」

ちょっとのことですが、あると助かります、

  建築現場にも、やっぱりありました。

ただし、大工さんが20人~いれば

        別の景色になりますが・・・。

 

今日もイバケンブログをご覧頂き、ありがとうございます。


薪ストーブ、始めました♪

こんにちは!  営業部の川守田です(^_^)。

最近は寒いですね。。。でも先日、家の庭を掘り返したらミミズやらイモムシやらが出てきました。

この寒いのに、よく凍死せずに外で生きてるなァ、と思って関心しました(^_^)。目指せイモムシ!!

 

さて、イバケンのショールーム〔創住館〕では、最近薪ストーブを焚き始めました(もちろん普通の住宅にも取り付けていただけます)。

薪ストーブの魅力は、自然な暖かさだと思います。

エアコンのカサカサした温風や電気ストーブのジワっとくる熱線とは違う、やわらかな暖かさ。

一台をきちんと焚けば、広い空間であってもほんわりと暖まるのが薪ストーブのいいところです。

上にやかんなんか乗せれば、お湯も沸かせます(当たり前ですが。。。)。

 

火を点けるのと消すのに若干手間はかかりますが、一度点けばしっかりと燃え続けてくれます。

薪を燃料に静かに暖まる様子は、まるで生き物のようで親しみを持てます。

家電製品とは違う、生きてる暖房「薪ストーブ」。

ご興味持っていただければ、ぜひ創住館へお越しください(^_^.)

 

DSCN0140-2.jpg

薪ストーブと、お待ちしてます(*^。^*)♪

 

屋根を追加するリホーム

南の窓から入る日差しを少し制御したいなぁ。

外観のバランスを整えたいなぁ。

 

そんな希望にこたえて、既存の建物に下屋を追加するリホームの最中です。

屋根だけ、ってリホームもなかなか踏み切れない感もあるのですが、

内部のリホームも兼ねて、一体的にご用命いただきました。

 

そんなわけで、大工には大変でも木を刻んで、組み立ててもらっています。

大工も「こういう仕事が最近はめっきりねぇなぁ。」とぼやきます。

「楽しいんだよ、こういう木刻む仕事。」

m001.JPG

 

m002.JPG

m003.JPG

 

今日はいい天気。みんなごきげん。

今日もイバケンのブログを覗いてくださり、ありがとうございます。

わたなべ

陽光に浮かぶ影

 

今朝の店内・・・

 土台敷き終了.JPG

 

昨日のうちに土台敷きも無事終了。

排煙窓から入る陽光に照らされ、心なしか神々しくさえ見えます。

 土台ボルト.JPG

前もってあけておいた穴にボルトを通し、ナットで固定します。

上の写真の番付「”よ”の”10”」の部分には、

  太柱.JPG

このような感じで柱が立つ予定です。


出来てしまえば、床下にでももぐらない限り、

決してお目にかかれない材料です。

通りすがりの人にとっては、

味気なくさえ見える景色かもしれませんが、

正にこの土台を”土台”にして建屋が組み上がっていきます。

 

1129日 上棟予定

 

工事の無事を祈るばかりです。

 

今日もイバケンブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

立体図形

 

今日の店内・・・

 土台敷き.JPG

 

土台敷きの真っ最中です。

水平を出しながら土台を組み、

昨日あけた穴にボルトを通していきます。

 土台墨.JPG

 

床に描いた”基礎”の上に、一つ一つ部品が組み上がっていく様は、

平面的な絵が、モコモコと立体的に盛り上っていく様で、

何ともワクワクします。

 

ボルトを切るひと、土台を組むひと、水平を出すひと、

組んだ土台をコンコンと叩いて穴を合わせるひと・・・

 

一人一人がそれぞれの作業を別々に、

  それでいて、常に息を合わせながら、

    絶妙な間合いがそこにあります。

 

今日もイバケンブログをご覧頂き、ありがとうございます。


見えない図面

昨夜の店内・・・

 図面.JPG

 

何やら発見! 秘密基地の図面?!

『土台(どだい)』の敷設図面でした。

 敷設図.JPG

 

この図面に記されている番付に従って、

まずは土台を仮置きしてみます。

 土台仮置き.JPG

 番付.JPG

これから、水平を出しながら本敷設するわけですが、

基礎(今回は直接床です)から立ち上げたボルトが通る様、

穴をあけるための印をつけて・・・。

 

この作業を見ていると、大工さん、

あっち行ったりこっち行ったり、

1本の土台をズラしながら、

ようやく1つの印をつけています。

  

聞けば、

土台も基礎も、図面から少しずつ誤差があり、

印をつけるための、いわゆる”基準”を決めているのだそうです。

1mmのずれが、10回重なれば1cm・・・。

図面には現れない”現場あわせ”。

“基準”を作りながら、見えない図面を頭の中に描いていきます。

ここにも”経験と勘”が隠れています。

 土台穴.JPG


今日もイバケンブログをご覧頂き、ありがとうございます。

安全祈願・・・。

 

こんにちは、本社兼つくば支店のAです。

 

今日は、大好きなお客様の一人でありますS様の

現場から報告します。

 

今日は、S様邸の上棟でした。

IMG_4114.JPG

IMG_4114.JPG 

 

ここまでくるまでにも、檜の香り、青森ヒバの香り、杉の香り・・・、

本物の木だからこそ味わえる “癒しの時間” ですね。

 

私は極度の高所恐怖症なので、ほかの人が高いところに上っているのを見るだけで

足が震えます。

・・・気が小さいのかもしれませんね(T_T)

大工さんはやっぱりすごいですね。

 

IMG_4116.JPG

 

↑↑↑ 工事期間中に事故でもあったら大変なので、安全祈願をします。

これも関係者すべての”しあわせ”のためです。

 

神聖な祭事も終わり、参列者全員で乾杯!!

 

とても気持ちのいい一日になりました。

私の大好きなS様ご家族もきっと喜んで頂けたと思います。

 

 

今日もイバケンブログをご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

早速 活躍! フライング?

今日の屋外倉庫・・・

 倉庫ほぼ完1.JPG

 

ほぼ竣工です。

あとは、入り口のシャッターの施工です。

 倉庫入口.JPG


のぞいてみると・・・

 倉庫仮搬入.JPG

 

早速、加工前後のフロア材が”仮置き”されていました。

いづれはここに、フロア材とともに、

お客様にご覧頂くための、柱や板材が並びます。

 

材料選びから、加工・施工まで、

一通りの流れがご覧頂けます。

 

もちろん主な加工は隣の工房で。

のみを叩く音から、大きな機械の音まで、

工房が”にぎやか”な時ほど、

その先にたくさんのお客様の笑顔が待っています。

この倉庫も大忙しです。

 

今日もイバケンブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

健康管理

 

こんにちは、本社兼つくば支店のAです。

今日はなんだか変なお天気でしたね。

雨が降る予報だったのに、降っていないような気が・・・。

 

冬になると、空気の乾燥が気になりますね。

女性はもちろん、男性だって気になります。

仕事中にエアコンをつければ室内の空気は乾燥して、喉を傷めてしまいます。

なので、私の机には・・・

 

IMG_4092.JPG

 

 のど飴、はちみつレモン、そして、眠気覚ましのコーヒー・・・。

 

健康を謳っている弊社社員が”不健康”になってしまっては変ですよね。

だから健康管理はとても大事です。

もちろん、それはイバケン社員だけではないですけれどね。

 

11月も終盤に入り、朝晩・日中の寒暖の差が激しくなってきましたので、

皆様も風邪などひかぬよう、どうぞご自愛下さい。

 

本日もイバケンブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

カブトムシの幼虫がいっぱい!

久しぶりに森林ボランティアの話題・・・

 

この夏の暑さは記録的なものでしたが、

小生が参加している雑木林・・・

真夏でも、木々の間をわたる風は思いのほか心地よく、

さすがに作業中は大汗をかきますが、

休憩中は別世界の様でした。

 

さて今回の作業・・・

 篠竹.JPG

 

これだけの篠竹を刈りました。

野生状態では”じゃまもの”扱いですが、

昔から農業資材や建築・漁業などに利用されていたため、

農家の周辺などに植栽される場合もあるそうです。

 

今回刈ったこの篠竹も、

近くの田んぼの『暗渠(あんきょ)』づくりのため、

暫らく後に持ち出される予定です。

(勉強不足でどのように作られるかまでは…。

  実地に見聞するのが楽しみです。)

 

日本人の、物を有効に・大切に使う性格を改めて感じ、

心が温かくなります。

 

そういえば以前ご紹介した腐葉土の中には、

カブトムシの幼虫がいっぱい!

来年の夏は虫取りの子供たちでいっぱいになるといいなぁ・・・

 腐葉土.JPG

 

参加された皆さん、

それぞれ色んな想いを胸に作業は進みます。

 木漏れ日.JPG

 綺麗なこもれび・・・ 心が洗われます。

 

今日もイバケンブログをご覧頂き、ありがとうございます。