知らせたくって仕方ない

今日もイバケンのホームページを覗いてくださり、ありがとうございます。

 

お知らせしたいことがございます。

今日の午後1時~3時半まで「自然素材を知る勉強会」。ぜひとも足をお運びください。

つくばショールームで開催いたします。

 

わたしは、仕事をしていても、そうじゃなくても、いいこと知ると、好きな人とか、家族とか

友達とかに、教えてあげたくなっちゃって仕方ないほうです。(みんなそうでしょうけど)

つまり、「あそこのチンジャオロースめちゃうまいよ!しかも安いよ!」ということで、

 

珪藻土は珪藻土でも、違うんですよ。穴の大きさが、、、能登もいいけど、稚内、わっかんないかなぁ!(失礼)

しっくい、しっくい、言うとるけどもやな、ちゃうねん。無機質やねん、無やねん、せやから、きれいやなねん。うまく言えないけど、めっちゃ白いねん。みてみて~。

土田さん、めっちゃ男前やねん!みてみてぇ(それはあまり関係なかったですね)

 

という内容です。是非是非是非、来てください。聞いてください。見てください。

 

 

わたなべ

 

 

勉強会

 

こんにちは(*^_^*)
久しぶりに更新します♪♪

梅雨入りでジメジメした日が続き…

洗濯物も部屋干しが続き…

 

最近、気分が乗らない
つくば支店の森です(^O^)笑

 

さっそくですが…

 

明日のイベント詳細のお知らせです(^^)/

 

6月17日(日) 13:00~15:30つくば支店にて
『自然素材を知る勉強会』を開催します★

毎回公演に来ていただいております電磁波対策の土田氏に続き、
珪藻土や漆喰の専門家である山本氏と高橋氏にもお越し頂き、
これから迎える梅雨の季節の気になる湿度や
カビの対策にも関連する漆喰の話になります!!

☆第一講座 『欧米では当たり前の電磁波対策』

☆第二講座 『本物の珪藻土って?』

☆第三講座 『カビは嫌だ!漆喰で解決!!』

☆第四講座 『学んだ後は実践してみよう』

 

内容盛りだくさんです\(^o^)/

 

お時間がありましたら是非
つくば創住館に遊びにいらして下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております!

CIMG0568.JPG

机の上・・・

こんにちは、設計部のSです。

 

元気ですか~!!!

 

元気があれば何でもできる!!!

 

そう、この言葉はただ声を出すということではなく気合が大事だということだと思います。

 

うん、

 

深いですね。

 

ということで話は変わり、

 

今日はみなさんの机の上をパシャリしました。

 

まず1枚目

 

DSCN3202.JPGのサムネール画像

 

これ、なんだと思います。

 

なんとマウス!!!

 

ネズミじゃなくてパンダです。

 

このマウスの所持者はかわいいものが好きなのだそうです。

 

女性の方は話が合うのでは?

 

探してみてください。(笑)

 

続いて、

 

DSCN3200.JPGのサムネール画像

 

これは、ガンダムのやつですね。

 

これ、なんとただのおもちゃではないんです・・・

 

頭を開けるとなんとセロハンテープなんです!!!

 

画期的ですね。

 

そして驚異の隠ぺい力です。(笑)

 

このセロハンテープの所持者は他にも机の横に虫のマグネットがいっぱいくっついていました。

 

虫嫌いの方は机に近づくには勇気がいりますね。

 

他にも個性的なものがみなさんの机にはたくさんありました。

 

私も何か置こうかと密かに企んでおります。(笑)

 

このコーナー次回もあるかも知れません。(笑)

 

こうご期待!!!(°Д°)/

手仕事

今日の工房、

何をやっているかとのぞいてみると…

またまたカンナを使って一仕事しておりました。

その名も『面取り』。

板の角の部分を削って飾りをつける工程です。

機械化がすすみ、こうした加工も機械を一回通すだけで

出来てしまう場合もありますが、

それは大量生産でのお話し。

微妙なニュアンスをつくり出す場合は

やはり手仕事になります。

 

この面取りの形を『切り面』と呼びます。

直角だった角を、”ほぼ”45°に”切って”面を形作ります。

削ってできる面の”幅”の寸法は図面に記されていますが、

実際のものではどの程度がいい感じにおさまるのか、

実は削りながら決めていきます。

 

また、面取りが交差する部分は、真っ直ぐな稜線が出来上がります。

この”真っ直ぐな”稜線…

まさに機械で加工したかのような直線に、手加工の深い味があります。

機械は均一な加工に向いています。ですが、

意外にこうしたところがぴったり合わないことが多くあります。

カンナを引きながら、最後の2~3回で、

この稜線をぴったり合わせながら、面幅を調整する作業は、

まさに緊張の一瞬です。

削りすぎれば、稜線も合わず、丁度良い面幅にもなりません。

 

この作業、単純そうに見えますが、実は、

カンナの刃の出し具合、力の加減、

全体の木目をみながらの繊細な作業です。

そして最後は”カンナひとなめ”。

こうして作り出される”直線”には、

機械には出せない、手仕事だからこその味わいがあるのです。

今日思ったこと

こんにちは!

営業部の新入社員、川守田です(*^_^*)。

 

ここ数日間は風が涼しく、ときには寒いくらいですね。

皆さんもお体には気を付けてお過ごしださい。

 

さて、今日は私はイバケンのショールームである創住館にいました。

今日は平日としては珍しく、多くのお客様にご来館いただきました。

どうもありがとうございます。

 

家の間取りの打ち合わせや、木の家具をご覧になるためにいらっしゃったお客様。

そして、応対をする先輩方。

 

私はその姿を少し離れたところから見ていました。

そして、住宅会社の営業マンとは一体なんだろう、と改めて考えてみました。

 

この業界に足を入れて、3か月にも達していませんが、自分なりに考えてみたところ、

営業とはお客様が家を建てるための第一歩をつくり、その後も長きにわたってお客様の窓口となる存在

なのではないかと思いました。

 

あまりに当たり前のことではあります。しかし真心でそれに取り組めば、必ず素晴らしくワクワクできる体験をお客様も私自身も味わえるはずだし、それが営業職の醍醐味であると思います。

積極的にお客様と接することで、早くその醍醐味に近づきたい。

そう心を新たにした一日でした。

17日にはつくば支店で自然素材の良さをアピールするイベントがあります。ご来場いただける皆様が心地よくなれるよう、しっかりと頑張ります。

皆様も楽しんでご参加いただければと思います。心よりお待ちしております(*^_^*)。

 

新人営業マンの、川守田でした(*^_^*)/

 

 

こんなのほしいな。がある!かもしれない。出てくるかもしれない。

 イバケンには「とちの木」という名前の家具屋さんがくっついています。ピタッと。

家具屋さん、というか、木のモノ屋さんというか、、、

訪れた人が、「一枚板のテーブルがほしい」と言えば、店の奥に行ってゴソゴソと

板を持ってきて並べてみたり、

訪れた人が、「机がほしい」といえば、横の事務所に行ってゴソゴソと

納品事例写真を持ってきて並べてみたり、

訪れた人が、「まな板削れる?」といえば、外の工房に行ってシュウシュウと

鉋をかけて、面取りまでして持って来たり。

 

少し汗ばみながら、木の感じで、なんか、こんなのできないかなぁ。

一回、聞いてみるかなぁ、あるかなぁ。。。。に応える準備を日々しています。

写真はイメージです。2年ほど前に納めさせてもらったテーブルセット。

少し凸凹な、味のあるセットだったと思います。あの時も「こんなのほしいな。。」

から始まったことを思い出してブログにアップしました。  わたなべ

 

 

建具表

 

こんばんは!

 

設計部の T です。

 

今日は、梅雨入りしたからか風が冷たくて大変でした。

設計部のS先輩は、暑いのが苦手とブログに書いていますが、自分は暑さは我慢出来るのですが、

寒さにはめっぽう弱いです!

子供の頃は、寒さなんか関係なく遊んでいましたが…

 

話は変わりますが、今日は久しぶりに建具表を作成しました。

「建具表」とは、建具に番号を付け(平面図でわかりやすくするため)、姿図を書き、その建具がどの                                   様な仕様なのかがわかる設計図面だと思います。

お客様が、建具表を見て頂ければ、例えばですがリビングのドアor引き戸はこんな感じなのかと少しはイメージすることが出来るそんな図面です

 

↑が建具表です!

 

これからも建具表を書く機会が沢山あると思いますが、頑張っていきたいと思います。

御つゆ

oomika.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月10日は暦の上で「入梅」(にゅうばい)です。
梅雨の季節に入る最初の日で、その日から約30日間が梅雨です。
梅の実が熟する頃に雨季に入ることから入梅といわれるようになったとか、
諸説ありますが、基本的にはyahooの天気予報をいつも見ています。

しとしと、と雨が降り、気持ちが落ち着く感じがしたり、
湿気と熱気がムッと吹きかけてきて、息苦しく、夏の到来を感じたりもします。

 

家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。

ということが日本の昔から言われていたようです。

湿潤な季節を快適に過ごすための知恵は様々あります。
エアコンと全館空調が全盛の時代に、
・人への健康配慮
・省エネ/省資源
・地球/地域環境への汚染軽減
・自然との共生
を家づくりの方針とするイバケン。では、
エアコンはちょこっとにして、
出来るだけ、
風の取り入れ方、だったり、
軒の出し方、だったり、
床材や塗り壁材や断熱材の素材の組み合わせを工夫する事、だったり、
少し汗ばんだりして、浴衣で夕涼みしたくなるような家づくりに取り組んでおります。

そうそう、そんな家の要素、自然素材の勉強会が来週6/17の13:30~1時間半だけ。
つくば支店のショールームで開催いたします。

(→詳しくはwww.ibaken.co.jp/archives/000256.php

参加は無料ですが、定員がありますので、一本お電話いただいた方が良いかもしれません。
宣伝は宣伝ですが、自然を材を上手く利用して暮らしたいと思っている方(家づくりの計画なくても)
には必見の内容で、漆喰や珪藻土の普及に日本中を駆け回っている人が2人も来ますので、
ネットでは得られない情報が聞けるはずです。ぜひぜひ、ご来場くださいませ。

それでは、本日もイバケンのブログを覗いてくださり、ありがとうございます。
ひたちなか市で25年、つくば市で5年。健康注文住宅のイバケンをよろしくお願いします。

わたなべ

みなさんの健康のために

こんにちは、本社 兼 つくば支店のAです。

私にとって久々のブログ更新です。

 

今日の空は雨模様でしたが、

どうしてもお客様にお届けしたい情報がありましてご紹介いたします。

それは、来週17日(日)のつくば支店のショールームイベントです。

IMG_3561.JPG

HPのイベント情報でもご紹介させて頂いておりますが、

“とことん追求したら、たどり着いた素材”なのです。

住まう人の『幸せ』を願えば、やはり『健康』であって欲しい・・・、笑顔で居て欲しい・・・、

だからお伝えしたいのです!! 知って頂きたいのです!!

 

参加費用はかかりません。時間もちょうどいい配分で「3講演+実演」ですので、

生活のリズムを崩さずにご参加できると思いますので、ぜひ遊びにお越しください。

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

      ひたちなか本社・つくば支店スタッフ一同

 

つくばイベントのお知らせ


20120617.jpg

『自然素材を知る勉強会』

 

と、題しまして、6月17日(日曜日)つくば支店にて、イベントを開催致します。

 

イバケンではこれまでに数々の勉強会イベントを開催して参りましたが、

今回は毎回公演に来ていただいております、電磁波対策の土田氏に続き、

珪藻土や漆喰の専門家である山本氏と高橋氏にもお越し頂き、これから

迎える梅雨の季節の気になる湿度やカビの対策にも関連する漆喰の話に

なります。

 

今回の注目は 『スイス漆喰』 『メソポア珪藻土』 です

 

━━━『スイス漆喰』━━━

 永世中立国であり、銀行でも有名なスイスですが、アルプス山脈を抱えその石灰層

から、採取できる石灰石により、100年耐久のある漆喰の壁材が取れるとの事です。

なんとヨーロッパでは3000年も前から、漆喰が使われていたそうです。

特に王家のキャスルやカビを嫌うワインセラーなどで重用されてきたようですが、

長い時を経て、海を渡り、ついに日本にも上陸しました!

湿度を吸収し、さらに 強いアルカリ性の性質をもつ為、カビの発生を防

ぐ効果が高いために、梅雨の時期があったり、慢性的に高い湿度の時期が多い

日本ではもってこいの素材ですね。

100%自然素材ですので自然志向のお客様向きです!)

そして、気になるメンテナンスですが、簡単で便利なんです!詳細はご来場にて!

 

━━━『メソポア珪藻土』━━━

続きましてはこちら、メソポア珪藻土の紹介です。

メソポア・・・聞き慣れない言葉ですね、調べましたら科学用語で使われる物質の

細微な空洞を示す言葉をポアというそうです。

そしていくつか種類があるそうです。

【マクロポア】 …50ナノメートル以上の大きさのポア::湿気を吸うことも、放出することもしません
メソポア】   …2~50ナノメートルの大きさのポア::】湿気を吸ったり、放出したりします。
【ミクロポア】  …2ナノメートル以下のポア ::湿気を吸うばかりで、放出することが出来ません。

 

今回は真ん中のメソポアです!要するに湿気を吸うことも、放出することもできるのです。

このように、珪藻土といっても、さまざまな種類が存在し、湿気対策などに適した種類のものが

あるのです、そういった珪藻土選びから、さまざまな性質まで沢山のお話が聞けます!

 

2種類をピックアップしましたが、今回はこのような講座になってます。↓↓

 

第一講座 『欧米では当たり前の電磁波対策』

第二講座 『本物の珪藻土って?』

第三講座 『カビは嫌だ!漆喰で解決!!』

第四講座 『学んだ後は実践してみよう』

 

四本立てとなります!

 

勉強会にご参加頂き、広く自然素材を知っていただいて皆様の生活に少しでも

お役立てる事が出来ればと考えて毎回企画しております。

今回も、楽しい公演になること間違いなしです!

スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております、お気軽にお立ち寄りください。

 

広告チラシはこちらをクリック!⇒⇒⇒
20120617.pdf

 

■開催日時:6月17日(日) ■時間13:00~15:30
■所在地:〒305-0881 
茨城県つくば市みどりのA67街区4画地

詳しくは下記よりお問い合わせください。(担当:串田、加藤、森)

Eメールでのご予約は…office2@ibaken.co.jp
お電話でのご予
約は…0120-971-733