新生活について

こんにちは。

イバケンの柴田です。

 

桜の花が美しく咲いたと思ったら、はや新緑の季節となりました。

イバケンにも新入社員が入り、新鮮な空気に包まれております。

 

新入社員の中には、一人暮らしを始める人もいます。

故郷を離れ、新しい場所での生活です。

ひたちなかの街に来るのも初めてのような感じです。

買い物もままならないはずです。

 

私、生まれてからというもの一人暮らしというものをした事がありません。

地元で大勢の親類・知人に囲まれて生きてきました。

今年で27歳になります。

一人暮らしというのはどんな心持ちなのでしょうか?

どなたかご教授下さい。

正直未だに、ほんの少し憧れがあります。

 

 
一人暮らし.jpg

 

新しい場所で うまくやっていけるかな

部屋を片付けて 買い物に出掛けよ

 

遠い空の向こう キミは何を思うの

たぶん出来るハズって 思わなきゃしょうがない

 

【 ワンルーム・ディスコ  Perfume 】 

 

もし,一人暮らしを始めたら…

いろんな料理をおぼえられるでしょうか。

部屋を片付けて、一人で寝転んだりしてみたいです。

『春、』

お世話になっております。

イバケンの柴田です。

 

4月になり、皆様忙しく過ごされている事と思います。

新しい事にチャレンジしたくなる季節です。

 

先日、あるセミナーを受けてきました。

お客様とのコミュニケーションを上手に取る方法のセミナーです。

『言葉ではなく、その言葉の動機と背景とにコミュニケーションをする』という内容でした。

言葉以外で意志疎通を図る事は何かというと、嬉しい時にはほほ笑んだり、かなしい時には涙を浮かべるなど、考えてみると私たちの日常にありふれている事です。

それでいて、私たちは『今日は雨だから憂鬱だ』等のように、何の脈絡もないはずの雨と憂鬱を結び付けてしまうクセがあるというのです。

 

 

4月の新しい環境は、誰でも忙しく感じてしまうのではないでしょうか?

いつも通りの言葉で会話をしたつもりでも、気持ちのすれ違いが起きているかもしれません。

 

 

新しい教室で新しい机に向かって新しい先生の授業を聞く。

新しいオフィスで新しいメンバーと新しい仕事をする。

 

 

つい最近であるはずの3月。

先月が遠い昔のような気がしますね。

 

私達の周辺の人々にも気持ちに変化が生じているかもしれません。

知らないうちに…もしかすると…

 

スーパーひたち.jpg

 

 

 

恋人よ 僕は旅立つ

東へと 向かう列車で

 

はなやいだ街で 君への贈り物

探す 探すつもりだ

 

いいえ あなた私は

欲しいものはないのよ

 

ただ都会の絵の具に

染まらないで帰って 染まらないで帰って

 

 

【 木綿のハンカチーフ   太田 裕美 】

 

 

ちょっとした事で、『気持ちのすれ違い』が生じてしまいがちの季節のように感じます。

皆様はどのようにしてお過ごしでしょうか?