春ハ三月落花ノカタチ

イバケンの柴田です。

 

あっという間に、2月と3月が過ぎ去ってしまったように感じています。

私自身、会社員のポジションで迎える新年度は6回目を数えました。

この時期は毎年忙しい日々を送っております。

 

 

 新年度から環境が変わる人などは、よほど忙しく過ごされているのではないでしょうか?

 

「春」というと、希望・夢・成長などという言葉がよく使われます。

清々しい風に吹かれて、新鮮な気持ちになる季節です。

 

また、寂しさを覚える季節でもあります。

 

卒業式。

遠くに旅立つ人。

大好きな人との別れ。

 

同じ春でも、三月は別れの色が濃いようです。

 

今は新しい出逢いを前に、

ゆっくりでも、サヨナラの時間を乗り越えていかなければなりません。

 

 

 

 

どんなに高い タワーからも

見えない 僕のふるさと

失くしちゃ駄目な 事をいつでも

胸に抱きしめているから

 

【  遠く遠く    槇原敬之 】

 

上棟式

 

こんにちは、つくば支店のAです。

本日は3月26日です。

暑さ寒さも彼岸まで・・・とは言いますが、ちょっと今日は寒いですね。

だからみなさんも温かい気持ちで頑張りましょう!(^^)!

 

早速ですが、お客様の現場のお話をさせて頂きます。

いつもでしたら私のひとりごとを掲載するのですが、

今日はまじめに仕事のお話を掲載いたします。

 

24日(土)につくば市内で上棟式を行いました。

午前中は天気があまり良くなく、雨模様でした。

それでも職人さんたちは雨にも負けず、寒さにも負けず頑張ってくれました。

 

 
20120324/写真①.JPG

 

この写真はお客様がご自身の目で選んで頂いた『太柱』(約9寸)を

立てている写真です。

そうなんです。

当社イバケンではお客様にご自身の住まいの中に使う夫婦柱を

当社倉庫にて、ご自身の目で選んで頂いております

やっぱり住まいにも愛情を注いでいただいて、

愛着もって住んで頂きたいという願いからです。

 

 
20120324/写真②.JPG

 

この写真は材料が上げられていく写真です。

大体のお客様は初めて見る光景ですので、興奮しています。

―――そうこうしているうちに棟も上がり、いよいよ上棟祭です。

本当の田舎のほうでなければ五色を揚げて、お菓子を撒いたりしません。

なので、棟梁・お施主様・お施主様の父親お二方・イバケンスタッフが

建屋に上がり祭壇に向かって安全祈願をしました。

祭事の後は出席者全員で乾杯をし、最後に記念写真を”パシャッ”!

 

 
20120324/写真③.JPG

 

みんないい顔で写真に写っていました。

やっぱりみなさま苦労しながら住まいを建てていらっしゃるので

幸せになっていただかないと、こちらも幸せになれません。

 

これからも『幸せの輪』を広げてまいりたいと思います。

 

 

つくば支店 スタッフA

 

 

 

モノに感謝!

 

こんにちは、つくば支店のAです。

今日もたくさんのお客様と住まいについてお打合せをさせてい頂きました。

この仕事ってすごく、すご~く楽しくて仕方ありません。

お客様と『幸せ』や『』について真剣に話をしています。

お客様も笑顔になります。

私たちも笑顔になります。

弊社社長も笑顔になります。

この仕事をしていて本当に良かったなぁって思います。

 

話は変わりまして、私事で恐縮ですが、

私の愛車の仕事ぶりには脱帽です。

凄く頑張ってくれています。

記念に”バシャッ!”と写真を撮ってみました。

 


20120318/写真②.JPG 


20120318/写真①.JPG 

 

本当にイイ顔してます。

私はマチ子さんが大好きです。

ずっと一緒に居たいです。

 

そういえば、いつも朝礼に使用している「職場の教養」にも書いてありました。

『物に感謝しましょう』って。

 


20120318/写真③.JPG 

 

本当ですね。

私もマチ子さんのおかげで無事故無違反です。

何気なく使っているモノにも心はあると私は思います。

だから、「いつもありがとう!」って心の中で言うようにしています。

やっぱり口に出すと、ちょっと恥ずかしいので・・・。

 

そんな純粋な気持ちにさせられる一日でした。

 

 

つくば支店 スタッフA

原点に返って

こんにちは、つくば支店のAです。

今日は風が強いですけれど、とてもいい天気ですね。

透き通るような青い空を、久々に見たような気がします。

 

さて、10日・11日の話ですが、

つくば支店兼ショールーム[創住館]にて

住まいの林間学校』と題しまして

“住まいのこと、なんでもお聞き下さい。”というような

イベントを開催いたしました。

 


20120312/写真①.JPG 

 

『イバケンの住まいってなんなんだろう?』って考えて見たら、

やっぱり『”幸せ”になる』でした。

もちろん、私たちイバケンは創業当時から

住まう人に”幸せ”を提供する』ことを理念に掲げて実践してきました。

では、幸せってなんだろうって考えてみました。

やっぱり思い浮かぶ言葉は

『健康』『笑顔』『家族』などでした。

 

そんなイバケンの考え方に共感頂いた㈱レジナ 代表取締役社長の土田氏の

セミナーを「住まいの林間学校」で開催いたしました。

土田氏は『アース革命』などの著者です。

心身の幸せの原点である『健康』・・・お客様の健康を考えると

住まいの役割はとても重要になってきます。

現代住宅の問題点・・・それはシックハウスと電磁波過敏症なのかなぁと

私個人は思います。

土田氏も弊社イバケンにご協力くださり、お客様ひとりひとりに対し

丁寧に、わかりやすくご説明して下さりました。

  


20120312/写真②.JPG 

 

そして、午後2時46分には、被災された方々の思いを胸に、

そして世界が一つとなって希望の光で包み込まれますようにと

全員で黙とうをさせて頂きました。

 

これからの人生を、忘れかけていた思いを胸に、

しっかりと歩んでいきたいと考えを改めた私でした。

・・・原点に返って・・・。

 

つくば支店 スタッフA

 

 

12311

大震災から1年が経ち、

改めまして皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

 

現在を以っても、被害に遭われた方には何という言葉を掛けることがいいのか、見当が付かずにいます。

TV、新聞等で知る限りではありますが、亡くなられた人の家族や友人の悔しさ。故郷を追われた無念。

無論、適した言葉などあるはずがありません。

 

 

2012年3月11日、現場に向かう途中で、海を見ました。

この海によって、自然の恐ろしさを私たちはそれぞれに思い知ったのです。

震災から一年が経つ今日。

日差しを浴びて輝く波間。

穏やかな今日の海に、その表情はありません。

 

今日の海を見ながら、この一年間を振り返りました。

 

大切な人を亡くした人々の一年

家を失くした人々の一年

故郷を失くした人々の一年

 

人々がどれほど「一年前に戻りたい。」と思ったことでしょうか。

 

 

新聞に紹介されている、亡くなられた方々の家族の言葉です。

 

「外国でも、記憶喪失でもいい。生き延びていて欲しい」

「幽霊になっていても、もう一度だけ会いたい」

「夢に出てきてくれるだけでもいい」

「最後に一言だけ伝えたかった」

.

…被害に遭われた方の痛々しい気持ちが伝わってきます。

 

『自然との共生』はイバケンのテーマです。

 

自然は時に、

人々に恐ろしい思いをさせます。

 

「もう懲り懲りだ」

「二度とあんな思いはしたくない」

 

恐ろしい自然・・

そしてイバケンのテーマ

それは、「自然の恐ろしさ」との共生でもあるのだという事を忘れてはいけないと考えています。

 

 

「自然」はもうすぐ、

地震から二度目の春を連れてきます。

 

 

大震災から一年。

私達はどう変わったのでしょうか?

もし、一年前の私たちに伝える言葉があるとするならば、

一体、何を伝えられるのでしょうか?

 

 

今なら言えるだろうか

偽りのない言葉

 

輝ける君の未来を願う

本当の言葉

 

 

【 さくら   森山直太郎】

 

 

 

 

さくら.jpg

 

イバケンも地震から一年

私たちにとっても、大変な一年となりました。

 

今日は朝礼で黙祷をしました。

社員一同、この一年を振り返り

「家づくり」を通して私たちに何ができるのか、考え直す一日にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9つの風船

 

こんにちは、つくば支店のAです。

今日も変な天気ですね。

昨日はとても暖かく、過ごしやすかったのですが・・・。

 

私事で恐縮ですが、昨日の出来事をご報告いたします。

実は、私の次男坊の通う幼稚園で紙芝居が行われました。

この紙芝居はただの紙芝居ではありません。

なんとあの『ドリーム工房はせがわ』様の

子どもたちに夢や希望・愛などを与える“とっても素敵な紙芝居なんです。

主人公は『スターリィマン』です。

 


20120308/写真①.jpg 

 

はせがわファミリー様との出逢いは、

先月24日(金)に文京シビックセンターで行われた

「第14回 ハッピーライフアライアンス フォーラム」で、でした。

そこで、はせがわファミリー様の活動内容などをお伺いし、

とても感動して、居ても立っても居られなくて、

イベントを依頼させて頂きました。

そうしましたら、はせがわファミリー様はご快諾して下さり、

このような形になりました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 


20120308/写真②.jpg 

 

最後には、卒園児から歌のプレゼントがあり、

そして、みんなで記念写真(^.^)

家に帰ってからも息子は紙芝居の話を楽しそうにしてくれました。

きっとみんな心に『9つの風船』が刻まれたことと思います。

 

子どもセンターうぐいすの職員の方々、はせがわファミリー様の

温かいご対応のおかげさまで、とても心温まる一日になりました。

本当にありがとうございました。

 

つくば支店 スタッフA

 

 

 

雨のち花粉症

こんにちは。つくば支店のAです。

今日はあいにくの天気ですね・・・(>_<)

20120305/写真①.JPG
 

 

私ごとで恐縮ですが、今日みたいな天気は最高です!!

実は私、花粉症なのです。しかも重度です。

これからの季節は大変です。

鼻で呼吸できなくなるので、口の中がカラッカラになります。

もともと鼻声なのですが、さらに鼻声になります。

ですので、いつでも水分補給できるように

私のデスクにはコーヒーなどがあります。

 

20120305/写真②.JPG
 

でも、悪いことばかりの季節ではありません。

花見の季節ですね(^.^)

「花より団子」派の私は和菓子大好き人間です。

・・・で、今週末の10日・11日に

弊社つくば支店兼ショールーム[創住館]では

『住まいの林間学校』と題しまして、イベントを開催いたします。

その時、お客様へのおもてなしとして

●●●●をご提供しようと考えています。

 

住まいの計画のある人、ない人、どなたでもご参加できます。

イバケンの取り組みを皆様に知って頂きたいので、

雨でも晴れでも、花粉が飛散していても

是非遊びにいらして下さい。

 

社員一同心よりお待ちしております<m(__)m>

 

 

つくば支店 スタッフA