残暑

お久しぶりです。

9月とはいえ、真夏のような日が続いています。

皆様、暑さとの闘いが続いているのではないでしょうか?

 

我が家のアサガオはまだ元気に咲いております。

夏休みの宿題であなじみの花ですが、そのかわいいイメージとは裏腹に凄まじい生命力をもっています。

 

エリ アサガオ.JPG

 

繁殖し過ぎて、気味が悪くなりました。

半分くらい除草しました。

そんなアサガオを見ていると、ある話を思い出します。

 

 

時は桃山時代。

秀吉の所に、ある噂が届きました。

 

『千利休の庭に見事なアサガオが咲いている。』 

 

それを耳にした秀吉が早速、利休を訪ねてみると、庭にはアサガオの花なんて一つも咲いて無かったのです。

 

『利休っ!どういう事なのか!!』

と秀吉が問いただすと…

 

『訳は後程にて…まず、中へ』

と利休。

 

 

少し苛立つ気持ちを抑えて中に。

 

利休が、いつものように茶を点てる。

 

それを待つ秀吉が、床の間に目をやると

花瓶には、一輪のアサガオが活けてあります。

 

茶を点て終えた利休。

『美しいものも、あまりに多数ではその美しさが半減してしまうのです

一番美しい花だけを殿下に見て頂きたい。』

 

秀吉は、感服して茶を飲んだ。…という話です。

 

 

利休の己の美意識を貫き通す生き様を伝える話ですが、私は違う物語を考えました。

 

 

最後の名言は、とっさに思いついた言い訳に過ぎない。

残暑でも伸び続けるアサガオの手入れをする利休。

その時に、あまりに繁殖し過ぎるアサガオに、利休も気味が悪くなって、除草してしまったのではないしょうか?

 

残暑でも凄まじい勢いで繁殖するアサガオ。

 

もしかしたら、利休も私と同じ気持ちでアサガオを見ていたのではないだろうか?等と考えたりしました。