内装下地

こんにちは。

涼しくなってきた今日この頃です。現場の作業も一時期よりは大分やりやすくなってきました。

今日ご紹介するのは「内装下地」です。

内装の仕上げはクロスや塗壁、板張りなどがありますが、クロスの下地についても「イバケン」は一味違います。

イバケンで使用する石膏ボードは「ハイクリーンボード」と言うもので、ホルムアルデヒドなどの揮発性有害物質を吸着する性質のものを使用しています。

また、クロスを張る前に目地やビス頭をパテで埋めますが、パテもハイクリーンボード用の専用パテを使用し、パテにもボードと同様の性質を持たせるようにしています。

この上から、「ビニールではない」クロスをはって仕上げます。

きれいに仕上げるのはもちろん、下地から気を付けて仕上げ工事が行われます。

照明

こんにちは。

皆さんは照明にはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

例えば「明るければよい」「部屋は雰囲気を変えられるようにしたい」「間接照明で雰囲気を出したい」などなど、いろいろとお考えがあると思います。

先日、お引渡しを行いましたF様邸では、場所によって雰囲気を優先したり、明るさを優先したりと、自分もかなり勉強になりました。

上下の光はSWで切り替えできます。雰囲気も大変よく、上下とも点灯すると結構な明るさでした。

上下どちらかのみに切り替えると、雰囲気優先になります。

照明の使い方でお部屋の雰囲気もガラっと変わりますので、照明って大切ですね。