省エネ・省資源

5つの自然エネルギーの利用

太陽・風・水・大地・木、「健康的な住まい」は自然環境を採り入れた間取り計画から生まれます。

高温多湿の日本では、風を体感する住まいづくりが伝統的に行われてきました。先人たちは、さわやかな風や暖かな陽光、みずみずしい緑といった自然の恵みを最大限に活用しながら心地よい住環境を造る工夫を重ねてきたのです。私たちイバケンは、こうした先人たちの知恵を借りながら、イバケン独自の考え方を確立し、5つの自然エネルギー(太陽・風・水・大地・木)を活用した機械に頼らない本当の「循環型住宅」というものを目指しているのです。

【太陽】
太陽の動きに合わせて赤外線・可視光線・紫外線3つの光線を最大限活用した間取り計画をご提案します。
【風】
建築地の風の動きを調べ、風の入口、風の通り道、風の出口の流れを考え、窓の大きさ、高さ、向きなどを決めます。エアコンに頼らなくても風が通り抜ける住まいをご提案します。
【水】
氷(固体)・水(液体)・水蒸気(気体)とその温度によって形を変える水は、イバケンでは湿気や湿度という点から「家の素材は全て調湿するものを使用する」と考えています。高温多湿の日本では、湿度の調整を考えられた家が長持ちします。
【大地】
私たち人間や動物・植物には欠かすことのできない台地。地球上に生きているものは全て循環しています。微生物や白アリにも生態系を変えないための役割があります。殺すことが良いことではありません。微生物や白アリと、どう仲良く生きていくかを考えた家づくりが大切です。
【木】
木にお世話になっている私たち。次の世代に良い環境を残すためにも、山づくりを行って、山を育てて、木を育てよう!そういった取り組みの中で、木を使った家づくりを行っています。

PAGE TOP