人への健康配慮

電磁波対策

【電磁波対策】
電磁波対策を徹底したオールアース住宅で、電化製品の便利さと健康が共存する暮らしを実現

【電磁波を理解する】
電気を使うと「電場」と「磁場」という2つの要素がある私たちの健康に好ましくない電磁波が発生します。「電場」は家電製品ではプラグをコンセントに差し込んだ時点で発生しスイッチがオフの状態でも発生します。この「電場」への対策としてイバケンでは、発生源となる家電製品をアースすることが有効だとおすすめしています。
一方、「磁場」が発生する家電製品は、スイッチをオンにすると発生します。逆に言うと、稼動時以外は発生しませんので、例えば電子レンジならば、稼働中だけレンジから離れていれば磁場の心配はいらなくなります。
電磁波の発生源として懸念される家電製品ですが使わないわけにはいきませんので、アースなど個別の対策をとることでリスクはかなり軽減されます。
ところが、現代人を取り巻く住環境では、もう一つ重大な電磁場の発生源があることが分かってきました。

【住環境の変化と電磁波】
昔の家では一度に複数の家電製品を使うと家のブレーカーが落ちてしまうことがよくありました。しかし現代の家ではブレーカーが落ちることはほとんどありません。
家電文化の中で多くの家電製品が同時に使えるように、コンセントの数を増やし、電気をたくさん供給できるように壁の中にたくさんの配線を増やす家が増えました。
その結果、現代の家は「多くの電磁波が発生し続ける家」になってしまったのです。

【イバケンのオールアース住宅のしくみ】
家の床下や壁の内部を通る配線からは、電磁波(電場)が常に発生しています。電磁波は電位が高い方から低い方へ流れるのですがこれが曲者。私たちの体は電位が低いため、配線からの電場は室内にいる私たちの体に流れてしまい、家に居るだけで伝播し続ける状況をつくり出してしまうことが研究でわかりました。その解決策は「アースによって抑制される」という電場の性質。イバケンではこの性質を利用するために「導電性シート」を採用しました。このシートを配線と床(壁)の間に敷くだけで、シートが配線からの電場をブロックし、たとえ配線の真上に座っても電場の影響を受けない環境を作り出します。これがイバケンのオールアース住宅です。

PAGE TOP