省エネ・省資源

断熱

家の暖かさや涼しさを逃さない。快適で省エネな暮らしは断熱のこだわりからはじまります。

「冬は程よく暖かく、夏は程よく涼しい。」こんな快適な環境を作ってくれるのがセルローズファイバー(新聞紙断熱材)です。セルローズファイバー(新聞紙断熱材)は細かく粉砕された状態で、壁の中に空気圧を加えながら「みっちり」と吹き込みます。調湿・保温性能のある素材が屋外と屋内の間に「パンパン」に詰まっているので、まるで打ち直したばかりの布団のような暖かさになります。調湿性能は冬の寒さ対策だけではありません。夏場の湿気吸湿にも活躍し夏の快適性も実現します。壁と屋根に施工される遮熱シートは、夏は太陽の熱「輻射熱」を跳ね返しますので部屋の中は、より涼しくなります。また冬は、部屋の中の暖かい熱を室内に戻してくれるので暖かさが持続します。また熱と雨水を通しませんが湿気は通しますので安心です。家の「断熱」は熱を断つだけでは人と家にやさしくありません。イバケンでは「調湿」と組み合わせて、人と家にやさしい「断熱」を提案しています。

【吸放湿性に優れた素材「セルローズファイバー」採用】
イバケンでは吸放湿性に優れた素材「セルローズファイバー」を壁・天井に隙間なく敷き詰めるセルダンD工法を採用。これにより一般の断熱材より隙間がなくなることにより、断熱性を高めると共に、吸音性があるため防音効果も発揮します。また、様々な太さの繊維が絡み合うことによりつくられる空気層が、適度な吸放湿性を保つことで結露を追放。「夏涼しく、冬暖かい」一年中快適な室内環境を実現しています。

【断熱効果】
セルローズファイバーは1本1本の繊維の中に空気胞と繊維の絡み合いによる気泡との二重の空気の壁を持っています。だから他の断熱材に比べて熱伝導率が小さく、保温・保冷のために優れた断熱効果 を発揮する特長があります。「暖房にしてもなかなか温まらない」「冷房が効きにくい」などの悩みはセルローズファイバーで一気に解決します。他の断熱材に比べ、セルローズファイバーは熱伝導率が小さく隙間なく敷き詰められるので高い断熱効果を発揮します。

【調湿効果】
木質繊維であるセルローズファイバーは生きていますので、周囲の状態に応じて湿気を吸ったり吐いたりしており、この吸放湿性が適度な湿度をもたらし結露を防止しています。外気の湿度が高いときには湿気を吸い取り、乾燥しているときは蓄えた湿気を徐々に吐き出すという、生きている繊維ならではの調湿効果を発揮しますので部屋の中はいつも快適な湿度に保たれます。また、様々な太さの繊維が絡み合ってつくられた空気層が適度な吸放湿性を保ち結露を追放するので、四季のある日本でも1年を通じてお家の湿度を調整して、夏はサラッと、冬は潤った空間を実現しているのです。

PAGE TOP