木の家・自然素材の家イバケン

茨城県ひたちなか市、つくば市を中心に注文住宅を作り続ける「木造住宅のイバケン」
 ホーム新築する。イバケンの家づくりの仕様 > 電磁波対策

電磁波が人に与える影響は、現在決して無視することのできない重要な要素の一つとなっています。

【電磁波を理解する】

電気を使うと発生する電磁波には「電場」と「磁場」という2つの要素があります。家電製品では、「電場」はプラグをコンセントに差し込んだ時点で、スイッチをオフの状態でも発生します。電場対策としては、発生源となる家電製品をアースすることが有効です。一方の「磁場」は、家電製品のスイッチをオンにすると発生します。逆に言うと、稼動時以外は発生しませんので、例えば電子レンジならば、稼働中だけレンジから離れていれば磁場の心配はありません。電磁波の発生源として懸念される家電製品ですが、このように個別の対策をとることでリスクはかなり軽減されます。ところが、現代人と取り巻く住環境はもう一つ重大な電磁場の発生源があることが分かってきました。

【住環境の変化と電磁波】

昔の家では一度に複数の家電製品を使うと家のブレーカーが落ちてしまうことがよくありました。現代の家ではブレーカーは落ちることは少ないです。多くの家電製品を使えるようにコンセントの数を増やし、電気をたくさん供給できるように壁の中にたくさんの配線を増やし、電気をたくさん供給できるように壁の中にはたくさんの配線を敷き詰めました。その結果現代の家は「多くの電磁波が発生し続ける家」になってしまったのです。

【オールアース住宅のしくみ】

床下や壁の内部を通る配線からは、電磁波(電場)が常に発生しています。電場は電位が高い方から低い方へ流れます。人体は電位が低いため、配線からの電場は室内にいる人間の身体のほうへ流れ伝播してしまい、家に居るだけで伝播し続ける状況をつくり出すことがわかりました。その解決策として「アースによって抑制される」という電場の性質を利用するために、導電性シートを開発しました。このシートを配線と床(壁)の間に敷き、シートをアースするだけで、シートが配線からの電場をブロックし、たとえ配線の真上に座っても電場の影響を受けない環境を作り出します。

イバケンでは(株)レジナが認定する電磁波測定士(民間資格制度)を取得し、適正なオールアースの住宅を建てる会社として、活動しております。
詳しくは、(株)レジナ様のホームページをご覧下さい。
http://www.all-earth.jp/

 
間取り
居住環境(部屋の中)の成分表示(VOC:揮発性有機化合物)の測定を行います。
間取り
調湿
湿度が高い時には吸湿し、低い時に、放湿する機能のことを言います。
調湿
断熱
冬暖かく、夏涼しい。とは
断熱
     
耐震
イバケンでは木造軸組み工法を基本としています。
耐震
室内空気測定
居住環境(部屋の中)の成分表示(VOC:揮発性有機化合物)の測定を行います。
室内空気測定
電磁波対策オールアース施工
電磁波が人に与える影響は現在、決して無視できない重要な要素の一つです。
電磁波対策オールアース施工
     
針葉樹・広葉樹
自然素材ならではの快適な住み心地も組み合せで変化します。
針葉樹・広葉樹
手作り家具
自然素材ならではの快適な住み心地も組み合せで変化します。
手作り家具
 
     
【新築する】
お問い合わせ・資料請求はこちら
 
PICK UP