木の家・自然素材の家イバケン

茨城県ひたちなか市、つくば市を中心に注文住宅を作り続ける「木造住宅のイバケン」
 ホーム新築する。イバケンの家づくりの仕様 > 断熱

調湿・保温性能のある素材「セルローズファイバー」
が屋外と屋内の間に隙間なく詰まっています。

「冬程よく暖かく、夏も程よく暖かい。」と言ったほうが正確でしょうか。
新聞紙断熱材(セルロースファイバー)は細かく粉砕された状態で、壁の中に吹き込みますので、「みっちり」入ります。調湿・保温性能のある素材が屋外と屋内の間に「パンパン」に詰まっている。まるで打ち直したばかりの布団のような暖かさです。調湿性能は夏場の湿気吸湿にも活躍しますので、夏の快適性にも寄与します。壁と屋根に施工される遮熱シートは「輻射熱」を跳ね返します。熱と雨水は通しませんが湿気は通しますので安心です。

家の「断熱」は熱を立つだけでは人と家にやさしくありません。「調湿」と組み合わせて初めて人と家にやさしい断熱が実現できるのです。

吸放湿性を優先した素材選びと組合せと組合せで家づくりを進めています。

【吸放湿性に優れた素材
「ファイバーエース」採用】

ファイバーエースを壁・天井に隙間なく敷き詰めたセルダンD工法。これは一般の断熱材より隙間がなく、断熱性を高め、防音効果を発揮します。

また、様々な太さの繊維が絡み合ってつくられた空気層が、適度な吸放湿性を保ち、結露を追放。「夏涼しく、冬暖かい」一年中快適な空気環境を実現します。

セルローズファイバー

グラスウール・ロックウール

【断熱効果】
1本1本の繊維の中にもともとある空気胞と繊維の絡み合いによる気泡との二重の空気の壁を持っています。だから他の断熱材に比べて熱伝導率が小さく、保温・保冷のために優れた断熱効果 を発揮します。

 「暖房にしてもなかなか温まらない」「冷房が効きにくい」など、そんな悩みも一気に解決。セルローズファイバーなら他の断熱材に比べ、熱伝導率が小さく、しかも隙間なく敷き詰められるので、高い断熱効果 を発揮します。天井のみセルローズファイバーを使用したとしても暖房費用を20%も節約できます。

【調湿効果】
木質繊維は生きています。周囲の状態に応じて、水分を吸ったり吐いたりしています。この吸放湿性が適度な湿度をもたらし、結露を防止するのです。
外気の湿度が高いときには湿気を吸い取り、乾燥しているときは蓄えた湿気を徐々に吐き出すという、生きている繊維ならではの防露効果 を発揮しますので、部屋の中はいつも快適な湿度に保たれます。

また、様々な太さの繊維が絡み合ってつくられた空気層が、適度な吸放湿性を保ち、結露を追放。「夏涼しく、冬暖かい」一年中快適な空気環境を実現します。
間取り
居住環境(部屋の中)の成分表示(VOC:揮発性有機化合物)の測定を行います。
間取り
調湿
湿度が高い時には吸湿し、低い時に、放湿する機能のことを言います。
調湿
断熱
冬暖かく、夏涼しい。とは
断熱
     
耐震
イバケンでは木造軸組み工法を基本としています。
耐震
室内空気測定
居住環境(部屋の中)の成分表示(VOC:揮発性有機化合物)の測定を行います。
室内空気測定
電磁波対策オールアース施工
電磁波が人に与える影響は現在、決して無視できない重要な要素の一つです。
電磁波対策オールアース施工
     
針葉樹・広葉樹
自然素材ならではの快適な住み心地も組み合せで変化します。
針葉樹・広葉樹
手作り家具
自然素材ならではの快適な住み心地も組み合せで変化します。
手作り家具
 
     
【新築する】
お問い合わせ・資料請求はこちら
 
PICK UP