樹木の話①

| コメント(0)

こんにちは、本日はどんぐりの森に生えている樹木の話

本日は水楢(ミズナラ)の木

日本の落葉広葉樹を代表する木。森の中では存在感を漂わせ、材としても良質

で高級家具や、建材にも多く使われています。

特長の一つには柾目面に虎の縞模様のような模様が現れる。それを虎斑(トラフ)と呼び、

ナラ材の特徴的な木目です。

IMG_1799.JPG  まだ小さいですが、

どんぐりの森にも生えています。

1151027083731.jpg(虎斑模様)

館内には、虎斑模様のある大きな天板も展示してあります。

木に興味のある方、木の家・家具をお考えの方、ぜひ木の事を学びに

どんぐりの森に遊びに来てください。

コメントする

このブログ記事について

このページは、ibakenが2017年6月22日 14:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イバケンで使う木」です。

次のブログ記事は「樹木の話 ②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。