2017年1月アーカイブ

職人の味

| コメント(0)

私の机の上には雑誌の切り抜きが貼ってあります

                          DSCF7417.JPG

私の仕事道具の一つでもある鉋(かんな)と鑿(のみ)です。

そんな刃物の良し悪しは、最終的には人間の感覚にゆだねられる部分が大きいのかもしれません。それは「切れ味」とは別に刃物には「長切れ」という表現があります。長く、いい状態で切れ続けることである。

それをホントの意味で味わい尽くせるのは、自分の使いやすいように道具を仕上げ、研ぎを行い、道具を大切に使って来た使い手だけだろうと思う。

 何よりそんな職人が作り出した打ち刃物は、すごく魅力的なのです。

 

味は人の手から生み出される・・・そんな一説が雑誌の切り抜きには書いてあります。

 

これからも、そんな手道具の良さを最大限に生かした手仕事(こだわり)でお客様に感動して頂けるような家具を作り続けていきますので宜しくお願い致します。

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。