2016年12月アーカイブ

さくさくさん作

| コメント(0)

こんにちは、

本日、工房ではT様向けの飾り棚の加工を進めています。物は小さいのですが、細部にまでこだわった作品になります

T様は、とちの木で何点も製作頂いているお得意様です。今回も既製品では満足出来ず、とちの木に来店されました。

製作に向け何度もお打合せを行い進めてきました。

IMG_1387.JPG

本日は画像のような加工を行いました。このように木材同士の接合部分を凹凸に加工する方法を専門的には、

仕口(しぐち)や継手(つぎて)などと呼んでいます。

木造建築の分野でも家具、建具の分野においても古くから行われており、いろいろな接合方法があります。

特に木造建築分野においては、釘や金物を一切使用しないで木材同士を接合する方法は日本独特の技術で、
欧米では釘や金物を使用するのが一般的なようですね。

                         完成するまで暫しお楽しみに。

さくさくさん作

| コメント(0)

こんにちは 

寒さがひとしお身にしみるころとなりました。

本日、とちの木では炬燵(こたつ)の納品に行ってきました。

IMG_1381.JPG

冬の季節になると、家族でこたつに入ってみかんを食べながら、テレビを見る。

少し古いかもしれませんが、日本の家庭でよく見る風景ですよね。

寒い冬には家族みんなで温まり、夏の時期には座卓として周りを囲み、

そんな こたつの周りには一年を通して笑顔があふれる事でしょう。

とちの木工房では、日々お客様の笑顔を励みに家具づくりに励んでいます。

さくさくさん作

| コメント(0)

こんにちは

本日から、炬燵(コタツ)の制作準備を行います。

まずは、木取りを行おう!!

木取りとは、大まかな寸法でカットする事です。

IMG_1340[1].JPG

曲がりを見たり木目を見たり、木に話かけながら

木と共に進めていきます。

貴重な木材を無駄なく使いこなすのも、とちの木の考えです。

とちの木では、貴重な原板を随時何十枚も展示しています

ぜひ、とちの木に見に来てください。

このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年9月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。