2016年10月アーカイブ

土台敷

| コメント(0)

こんにちは。

家を建てる際に、基礎と柱の間には土台が敷かれます。

現在はプレカットと言って、工場で材料がカットされてきますが、昔は大工さんが自分できざんでいました。

まもなく上棟する予定の現場でも大工さんが土台敷を行っています。

IMAG0452.jpg 

 

 

 

 

 

大工さんの雄姿(笑)

IMAG0454.jpg 

 

 

 

土台には人畜無害でも、蟻には猛毒「エコボロン」を塗布します。

「エコボロン」は土台、大引き、柱など地面から1ⅿ以内の材料に1本1本塗っていきます。

 

 

土台が敷き終われば、足場をかけて上棟を待つばかりです。

当日は晴れるといいな・・・

では、また。

鎮物(しずめもの)です

| コメント(0)

こんにちは。

K様邸の基礎工事は順調に進んでおります。

さて、今回は鎮物です。

鎮物とは、「工事の安全と、その後そこに住む人々への災いを回避するよう祈念するもの」です。

IMAG0428.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

神主さんより、お祓い後の鎮物を預かり、基礎工事の際に基礎中央に入れています。

家が完成すると、完全に見えなくなってしまいますが、大切な土地の守護神です。

内容物は...お祓い後のものは見てはいけないのですが、昔内緒で見たことがあります...

知りたい方はイバケンまで...

では、また。

 

基礎工事 着工

| コメント(0)

こんにちは。

先日、地鎮祭の模様をUPしたK様邸の基礎工事が始まりました。

写真は丁張りの模様です。丁張りは建物の正確な位置や水平を出す作業で、これを間違うと大変なことになります。

昔は水平を出すのに水管を使ったりしましたが、今はレーザーなどで水平、直角を出します。

IMAG0411.jpg

 

 

 

  

 

 

  

 

丁張り終了後に確認して...大丈夫でした。

安心して工事を進めることができます。

では、また。

地鎮祭 ②

| コメント(0)

こんにちは。

先日、地鎮祭のブログをあげましたが、お客様より写真掲載の許可をいただきました!

IMAG0375.jpg 

 

  

 

 

 

 

 

営業担当が玉串を奉納しています。

20161003_140005_408.jpg 

 

 

 

 

  

 

  

ご一家で記念撮影。

皆さん、良い笑顔です。

この笑顔を励みに工事を頑張ります。

では、また。

地鎮祭!

| コメント(0)

こんにちは。

本日はあいにくの雨模様でしたが、K様邸の地鎮祭が執り行われました。

ところで、神事の際に「祓ことば」というのがあります。地鎮祭でも最初に「かけまくも畏き、伊邪那岐(イザナギ)の大神・・・」と始まりますが、なぜ祓ことばで伊邪那岐命(イザナギノミコト)が出てくるのか、不思議でした。

調べたところ、「伊邪那岐命が黄泉の国より戻った際に、水辺で禊を行い、祓戸(ハラエド)の大神たちが誕生しました。」これが日本で初めて行われた「お祓い」であり、その祓戸の大神達の生みの親である、伊邪那岐命と祓戸の大神達に、清めてもらう為に伊邪那岐命が出てくるようです。

自分もK様邸の工事が速やかに進み、K様ご一家が健やかに生活できるよう、お願いしました。

IMAG0368.jpg

 

 

 

 

 

 

  

 

良ければ皆さんも、古事記を読んでみてください。面白いですよ。

では、また。

このアーカイブについて

このページには、2016年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年9月です。

次のアーカイブは2016年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。